Common

ここでは、「Common」 に関する記事を紹介しています。
サンプリングされたアーティスト/曲名から、 そのネタを使用したHIP HOP/R&B作品を検索できるという、堀り師にとってはごく当たり前の ニーズに応えるスペシャルな一冊。ネタ探しの極意がここに完結!! SAMPLING DICTIONARY 2008
SAMPLING DICTIONARY 2008SAMPLING DICTIONARY 2008
(2008/01/16)
不明

商品詳細を見る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Common - Biography

c

本名:Lonnie Rashid Lynn。シカゴ出身。

'91年にレラティヴィティ・レコードと契約し、'92年にコモン・センス名義で『キャン・アイ・バロウ・ザ・ダラー』、'94年『レザレクション』をリリースした。しかし、同名の社名があったため権利問題が発生し、現在のCOMMONと名乗るようになった。'97年にリリースした3rdアルバム『ワン・デイ・イトゥル・オール・メイク・センス』には、ローリン・ヒル、エリカ・バドゥ、Q-ティップ、デ・ラ・ソウルなどといった豪華なメンツが参加し、大きな話題を呼んだ。

そして、レラティヴィティ・レコードとの契約が切れた'98年頃からは、より自由な創作環境を求めてThe Rootsが在籍するMCAへ移籍。そして'00年に最高傑作との呼び声も高い『ライク・ウォーター・フォー・チョコレイト』を発表する。このアルバムの参加メンバーは前作に負けず劣らず豪華なメンツが揃った。ザッと紹介すると、DJプレミア、ジェイ・ディー、ディアンジェロ、ジル・スコット、メイシー・グレイなどなど。捨て曲なしの名作といわれたこのアルバムをリリースしたコモンには、“これまで聴いたなかで、最も思慮深く、リリックのスキルを持ったラッパー”(ローリング・ストーン誌)、という最大級の賛辞が贈られた。

またアンダーグラウンド・シーンからの評価も高く、当時、MosDefやTalib Kweliらが在籍しストリートの空気感を表現していたレーベルRawKusやドイツのレーベルGROOVE ATTACKのコンピ盤に楽曲が収録された。'02年には通算5枚目となるアルバム『エレクトリック・サーカス』をリリース。レニー・クラヴィッツやステレオ・ラブ、ネプチューンズらが名を連ねたこのアルバムは、かつてないほど実験的な内容に仕上がり、ファン、メディアともに賛否両論という物議を醸しだす内容であった。しかし、メアリー・J・ブライジをフィーチャーした「カム・クロース」は、さまざまなシーンで大きな話題を呼んだ。

Common - Resurrection → 元ネタはAhmad Jamal - Dolphin Dance(PV視聴)
Common - I Used To Love H.E.R. → 元ネタはGeorge Benson -Changing World(PV視聴)
Common - Book Of Life → 元ネタはRoy Ayers - Everybody Loves The Sunshine(PV視聴)
Common - Be → 元ネタはAlbert Jones - Mother Nature(PV視聴)

>>>HIPHOP ランキング



スポンサーサイト

Common - Resurrection



Resurrection [12 inch Analog]Resurrection [12 inch Analog]
(1994/10/25)
Common Sense

商品詳細を見る


元ネタはAhmad Jamal - Dolphin Danceです。 Ahmad Jamal Trio - The Awakening (Impulse Master Sessions) - Dolphin Dance (iTunesで視聴) 

The AwakeningThe Awakening
(1997/03/25)
Ahmad Jamal

商品詳細を見る


>>>HIPHOP ランキング>>>HIPHOP サンプリング 元ネタ 大辞典 TOP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。