未分類

ここでは、「未分類」 に関する記事を紹介しています。
サンプリングされたアーティスト/曲名から、 そのネタを使用したHIP HOP/R&B作品を検索できるという、堀り師にとってはごく当たり前の ニーズに応えるスペシャルな一冊。ネタ探しの極意がここに完結!! SAMPLING DICTIONARY 2008
SAMPLING DICTIONARY 2008SAMPLING DICTIONARY 2008
(2008/01/16)
不明

商品詳細を見る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルボードHOT100で1位を獲得した曲のうち、サンプリング技法を使っている主な曲



1993年以降
「That's The Way Love Goes」/Janet Jackson(1993年、8週間1位)
James Brown「Papa Don't Take No Mess」をサンプリングしている。
「THIS IS HOW WE DO IT」/Montell Jordan(1995年、7週間1位)
Slick Rickの「Children's Story」をサンプリング。
「Gangsta's Paradise」/Coolio feat. L.V.(1995年、3週間1位)
Stevie Wonderの「Pastime Paradise」をまんま使いしている。
「FANTASY」/Mariah Carey(1995年、8週間1位)
Tom Tom Clubの「Genius Of Love」(1982年)が元ネタ。
「Tha Crossroads」/Bone Thugs-N-Harmony (1996年、8週間1位)
The Isley Brothersの「Make Me Say It Again Girl」をサンプリング。
「How Do U Want It」/2Pac(1996年、2週間1位)
Quincy Jonesの「Body Heat」が元ネタ。
「Calfornia Love」/2Pac feat.Kc&Jojo(1996年、2週間1位)
Joe Cocker「Woman To Woman」をサンプリング。アルバム(『All Eyez on Me』)には別テイクが収録されている。
「No Diggity」/Blackstreet feat.Dr.Dre(1996年、4週間1位)
Bill Withersの「Grandma's Hands」の前奏部分が元ネタ。
「Can't Nobody Hold Me Down」/Puff Daddy feat. Mase (1997年、6週間1位)
元曲はオールドスクールのクラシック、Grandmaster Flashの「The Message」。
「Hypnotize」/Notorious B.I.G. (1997年、3週間1位)
1979年のNo.1ソングHerb Alpertの「Rise」の間奏部分を効果的にサンプリング。
「I'll Be Missing You」/Puff Daddy feat. Faith Evans &112(1997年、11週間1位)
1983年の全米年間1位曲であるThe Policeの「Every Breath You Take(邦題:見つめていたい)」が元歌。まんま使い&大ネタ使い。
「Mo Money Mo Problems」/Notorious B.I.G feat. Mase And Puff Daddy (1997年、2週間1位)
Diana Rossの「I'm Coming Out」(1980年)が元ネタ。
「HONEY」/Mariah Carey(1997年、3週間1位)
World Famous Supreme Teamの「Hey D.J.」とTreacherous Threeの「The Body Rock」を掛け合わせてサンプリングしている。
「Getting' Jiggy Wit It」/Will Smith(1998年、3週間1位)
Sister Sledgeの「He's The Greatest Dancer」(1979年)の出だし部分をまんま使い。 Will Smithの楽曲は大ネタ使い、まんま使いが多い[要出所明記]。
「Wild Wild West」/Will Smith feat. Dru Hill & Kool Mo Dee (1999年、1週間1位)
Stevie Wonderの1位曲「I Wish」(1976年)の前奏部分をサンプリング。
「Heartbreaker」/Mariah Carey feat.Jay-Z(1999年、2週間1位)
Stacy Lattisawの「Attack Of The Name Game」が元歌。

2000年以降
「BUTTERFLY」/Crazytown(2001年、2週間1位)
ミクスチャーロックの先輩格バンドであるRed Hot Chili Peppers「Pretty Little Ditty」(1989年)をサンプリングしている。
「Angel」/Shaggy feat. Rayvon(2001年、1週間1位)
Nina Simoneの「Angel Of The Morning」 とSteve Miller Bandの「Shaggy Joker」をサンプリング。
「All For You」/Janet (2001年、7週間1位)
Change1980年の代表曲「The Glow Of Love」のインスト部分を繰り返しサンプリング。大ネタ使い。
「Fallin'」/Alicia Keys (2001年、6週間1位)
James Brownの60年代の名曲「It's a Man's Man's Man's World」を弾き直している。
「I'm Real」/Jennifer Lopez feat.Ja Rule (2001年、5週間1位)
イエロー・マジック・オーケストラの「Firecracker」をサンプリングしているが、Rick Jamesの「Mary Jane」をサンプリングしたリミックスヴァージョン(Murder Remix)も人気がある。
「Foolish」/Ashanti (2002年、10週間1位)
Debargeの有名曲「Stay With Me」を使った大ネタ使い。Debargeの曲はサンプリングソースに使われることが多い。
「Hot In Herre」/Nelly(2002年、7週間1位)
Chuck Brownの「Bustin' Loose」をサンプリング。
「Dilemma」/Nelly feat.Kelly Rowland (2002年、10週間1位)
Patti Labelleの「Love, Need And Want You」をサンプリング。 Patti LabelleのパートをDestiny's ChildのKelly Rowlandが歌っている。
「All I Have」/Jennifer Lopez feat.LL Cool J(2003年、4週間1位)
1982年のDebra Laws 「Very Special」を大胆にサンプリング。
「21Questions」/50Cent feat.Nate Dogg (2003年、4週間1位)
Barry White「It's Only Love Doing It's Thing」が元ネタ。
「Crazy In Love」/Beyonce feat.Jay-Z (2003年、8週間1位)
CHI-LITESの70年代の名曲「Are You My Woman (Tell Me So)」のパーカッション部分をサンプリング。
「Slow Jamz」/Twista (2004年、1週間1位)
Luther Vandrossの「House Is Not A Home」をサンプリング。
「Gold Digger」/Kanye West feat.Jamie Foxx(2005年、10週間1位)
Ray Charlesの「I Got A Woman」(1959年)をまんま使い。映画「Ray」でレイ・チャールズの役を演じたjamie Foxxを本人の代役に立てている。
「SOS」/Rihanna(2006年、3週間1位)
Soft Cellの「Tainted Love」(1981年)をサンプリングしている。
「HIPS DON'T LIE」/Shakira feat. Wyclef Jean(2006年、2週間1位)
Jerry Riveraの「Amores Como el Nuestro」をサンプリング。
「BEAUTIFUL GIRLS」/Sean Kingston(2007年、4週間1位)
Ben E Kingの「Stand By Me」をコラージュ。大ネタ使い。
「Stronger」/Kanye West(2007年、1週間1位)
Daft Punk「Harder, Better, Faster, Stronger」をサンプリング。この曲のPVにはDaft Punkも出演している。
etc

>>>HIPHOP ランキング
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。